スポンサーリンク

「女性でも男性でも」 国民幹部が資質重視を強調 森会長後継

女性蔑視ととれる発言で批判を浴びて辞任を表明した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後継人事をめぐり、国民民主党の榛葉賀津也幹事長は12日の記者会見で「女性がふさわしいという声がある」と問われ、「女性でも男性でも良い」と強調、個人の資質を重視すべきだとの考えを示した。
 榛葉氏は、新会長にはリーダーシップが求められていると指摘し「ジェンダーにはこだわらない。女性であっても男性であっても
Source: グノシー・社会

リンク元

スポンサーリンク
社会
schule117をフォローする
金融機関で働く方の悩みを解消するためのブログ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました