スポンサーリンク

【内燃機関溺愛】まさに名機揃い!! 現行日本車の専用エンジンの実力

カーボンニュートラル、地球環境、2030年に向けた動き……。クルマ業界は確実に電動化への流れだが、「まだ今は内燃機関を楽しみたい!」、これが本音ではないだろうか。
 クルマはいろいろなパーツで構成されているが、高効率化などの推進もあり、多くのパーツを共用する。エンジンは開発費が膨大なため、ひとつのユニットを複数車種に搭載するのが当たり前。
 そんななか、日本車には専用設計された専用エンジンが存在す
Source: グノシー・経済

リンク元

スポンサーリンク
経済
schule117をフォローする
金融機関で働く方の悩みを解消するためのブログ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました