スポンサーリンク

下水で感染拡大予測 東北大教授ら、ウイルス濃度調べ計算モデル構築

下水のモニタリングから新型コロナウイルスの感染拡大の予測モデルを構築した東北大の佐野教授=仙台市で2021年11月19日、深津誠撮影
 新型コロナウイルスの感染拡大を下水検査で予測――。東北大工学部の佐野大輔教授(水質工学)らのグループがこんな取り組みを進めている。「第6波」の到来が懸念される中、下水に含まれるウイルスの量から今後1週間の新規感染者数を推定し、自治体による病床確保などに生かしても
Source: グノシー・サイエンス

リンク元

スポンサーリンク
サイエンス
schule117をフォローする
金融機関で働く方の悩みを解消するためのブログ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました